1. HOME
  2. BLOG

BLOG

次へ>>

ネクタイのデザイン始めました!

投稿日時:2017/05/17(水) 12:40

起業家が成功するための、カラーイメージ戦略研修を行っている、カラーコミュニケーターの目黒潤です。

この度、ネクタイのデザインを始めました!

お客様の魅力を色で表現したネクタイです!

201705171321_1-600x0.jpg

ずーっとやりたかったことなので、夢が叶って、嬉しいです!!

記念すべき第1号は、とてもお世話になっている税理士の萩口義治先生にプレゼントしました!

お客様でもある萩口先生ですが、それ以上に、私の大切な友人で、良き理解者でもあります。

そんな萩口先生は、税理士・公認会計士でもありながら、新進気鋭の経営者でもあり、天下の日本橋に税理士事務所を構えているのですが、年々事業を拡大し、所員を増やし続けているので、事務所が狭くなり、先月3回目のお引越しをなさいました!

大切な友人で、今まで色々なお話をして来た萩口先生。

私より年齢は下で、まだお若い30代ですが、私は萩口先生を、とても尊敬しています。

萩口先生と話している時間は、終電逃してもいいやと思えるくらいに、価値があります。

経営のことは何も分かっておらず、職人気質の私ですが、萩口先生と友人だったお陰で、経営者としての考え方もたくさん勉強させていただきました(笑)

そして、言いにくいことも、耳が痛いことも、ハッキリ言ってくれる萩口先生(笑)

あまりにハッキリなもの言いに、苦笑いしたことは何度もあります。

でも、萩口先生のことを1,000%信頼しているので、全く腹は立ちませんでした。

そんな、私にとって唯一無二の存在である萩口先生が、また事業拡大のためのお引越しをされたとのことだったので、お祝いに何を贈ろうか、ずーっと考えておりました。

そして思い付いたのが「萩口先生の魅力を色で表現したネクタイ」です!

自分で原画も描き、制作に1ヶ月以上かかりました。

メーカーから上がって来た色に私が納得できず、出し戻しもしたので、よけいに時間がかかりました。

201705171321_2-600x0.jpg

201705171321_3-600x0.jpg

201705171323_1-600x0.jpg

萩口先生は、とても優しいんですね。

優しさを表現できる色は、何と言ってもピンクです。

萩口先生は、その中でもちょっとアンニュイなピンクがお似合いなので、少し紫がかったピンクにしました。

そして、私も萩口先生のことを信頼しておりますが「税理士」というご職業柄「信頼」は大事です!

「信頼」を表現できるのは「紺」!

その「紺」で、右肩上がりの、稲妻型のラインをデザインしました!

「右肩上がり」は、萩口先生の事務所が、これからも右肩上がりで伸びて行くことと、萩口先生のクライアントも、萩口先生と顧問契約を締結することで、業績うなぎ上りになる願いを込めています!

そして、萩口先生の発言は影響力があり、萩口先生のちょっとしたアドバイスで「そうか!!」とひらめく経営者が多いので(私もそのひとりです)それを稲妻型のラインで表現したという、隠された意味もございます!

剣先には、萩口先生の会社のロゴを白抜きであしらいました。

最後に、裏には弊社のロゴのネームタグを入れました。

201705171321_5-400x0.jpg

いつも冷静沈着な萩口先生ですが、プレゼントしたら「俺!?嬉しいなぁ!」と声に出しておっしゃってくださり、ずーっとニコニコされていたので、色の力で萩口先生を幸せにできた!と、私もとても幸せな気持ちになりました!


こんな風に、世界でただ1本の、魅力を色で表現できるネクタイの名前は、弊社の名前をもじって「メデタイ」にしました!

有料ですが、私のパーソナルカラー診断を受けてくださった方にお作りできますので、欲しい方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせいただければ、幸いです!

ご相談は、無料です!

 
201705171321_1.png
 


そして、萩口義治先生率いる、資金調達に強い税理士事務所はこちらです!

 

怒って研修

投稿日時:2017/05/15(月) 20:56

起業家が成功するための、カラーイメージ戦略研修を行っている、カラーコミュニケーターの目黒潤です。

私はどちらかと言うと、怒りをあらわにする方です。

相手は、タクシーの運転手だったり、広告代理店だったり、研修の担当者だったり、様々ですが「自分はこういうことをされたら嫌だ。今回は、●●の理由で怒っている。不快だ」ということをハッキリ言います。

私と真剣に付き合う気の無い一見の方からすると、ただのヒステリーなめんどうくさい中年女性になっていると思いますが、真剣に付き合おうとしてくださる方は、ちゃんと話し合ってくださって、必要に応じて、謝ってくださいます。


まぁそんな私ですが、研修の受講者には「北風と太陽」の「太陽」の姿勢で接して来ました。

研修中に、受講者が「うぇ~ん!」とか「うっ…」と泣き出したことは何度もありますが、それは私が怒ったからではなく…いっぱいいっぱいになって、泣き出さずにはいられなかった、涙がこぼれた…そんな感じです(本当です)。

それなのに!!

最近「怒ってください」という人事担当者からのオファーが多いのです!!

しかも「声を荒げてください」という具体的なご要望もいただきます!!

大きな企業から中小企業の方まで、業種もバラバラなのですが、なぜか重なる「怒ってオファー」!

「色の力でたくさんの方々を幸せにする」ことを信念にしている私にとって、この「怒ってオファー」は、今までの研修のやり方を覆すほどの違和感があり、最初は戸惑いました。

だったらこの案件は、講師は私じゃなくても良いんじゃないかな?

「色」ともあんまり関係が無いし…と、悩みました。

でも、引き受けちゃったので(^_^;) 私にできること、私しかできないこと…を、ずっと考え続けておりました。

1ヶ月くらい、ずーっと考えておりました。

そうしたらやっと答えが出ました!

 
201705152132_1-600x0.jpg
 
受講者への私の愛は「色の力」をもって、最大限に伝わります。

「怒る」ことは体力が要り、愛情が無いとできませんよね。

だからここでも「色の力」を借りて、受講者に、私の愛や上司の方々の愛を伝え、そして必要があれば怒ろうと、怒る具体的なシーンもシミュレーションもできました!

私はいつも、何度も何度もシミュレーションをしてから、研修に臨みます!

ちなみに「声を荒げてください」というご要望ですが、私はとても声が通る方で、100名規模の研修でも、マイク無しでOKなくらいなので、声を荒げると、間近で太鼓を鳴らしたような騒音になると思うんですよね(-_-;)


まぁそれはそれとして。


愛をもって制する。
心が無いきれいごとはすぐにボロが出るので、ボロが出ないように、受講者を愛する覚悟ができました♡
腹が決まりました♡


 

真のドクター

投稿日時:2017/05/13(土) 20:11

起業家が成功するための、カラーイメージ戦略研修をしている、カラーコミュニケーターの目黒潤です。

4年前、私は急に歩けなくなりました。

腰や膝が痛くて力が入らず、寝返りを打ちたくても打てず、両腕の力を振り絞って、身体の向きを変えていました。

家の中の数メートルも歩くことができず、ハイハイで移動していました。

大きな病院の整形外科でCTスキャンを撮ったら「すべり症」とのことでした。

「原因は分からないけど、背骨がどんどん滑って行って、神経を圧迫して行くから、これからもっと歩けなくなる。早急に手術したい。切って滑るのを止めたい」と言われました。

そして、手術をしたら「1ヶ月入院、3ヶ月コルセット」と言われました。

でも当時は起業したばかり。

絶対そんなの嫌だ!と、手術は逃げて、ブロック注射による治療を選びました。

でもブロック注射って、めちゃめちゃ痛くて、打たれている最中に悲鳴を上げるくらいに、痛いのです。

神経に薬を注入するために、腰に針を刺すのですが、痛みの原因の箇所にヒットしないと、ほとんど意味が無いのです。

そしてヒットしたとしても、鎮痛効果が続くのは2週間くらいで、また病院に行かなくてはならないため、今思えば、とても辛い毎日でした。

普通のことをこなすのに、痛みと闘いながら、身体をかばいながらこなすので、疲れるし、時間もかかっていました。

パーソナルカラー診断は立ちっ放しなので、ずっと痛いし、セミナー講師としてお招きいただいた時には、重たいスーツケースを持っての移動が辛くて電車に乗れず、遠方でもタクシーで移動していました。

交通費はハンパ無くかかりましたが「電車に乗る」自信が無かったんですね。

ずっと立ちっ放しでいられる自信が無かった。

途中で降りて、駅のベンチで一休みしてからまた電車に乗って、目的地まで向かうことも、しょっちゅうでした。

ショッピング同行で歩き回ることも、本当に辛かった。

お客様が試着しているすぐ横の空いている試着室で、こっそりしゃがんで、休んだりしていました。

普通に歩くことすらやっとだったので、急いで歩くとか、走るなんて到底無理で、信号が青から赤に変わりそうな時は、常に諦めていました。

歩いていても、びっこを引くような歩き方だったので、よく「靴擦れ?」とか「足、悪いの?」と言われていました。

「この腰と膝の痛みさえ無くなれば、なんでもできる!」と思っていました。



そして今。

健康な方と比べると、少しヨタヨタしておりますが(^_^;) 普通に歩けるようになりました!!

急いでいる時には走ることもできるし、お天気の良い日には「ちょっと散歩してみようかな」という心の余裕も持てるようになりました。

当時の状況からは考えられないくらいの、奇跡です。

それは、皆様のお陰で色んなご縁をいただき、素晴らしいドクターと出会えたからです。

「歩クリニック」の菅沼加奈子先生です。

 
201705132116_1-500x0.jpg

加奈子先生は、骨格全体を診てくださいます。

「構造医学」という分野らしいです。

骨格の歪みで、左右の耳の聞こえ方にも差があるなんて、初めて知りました。

私は小さい時から、しょっちゅう足首が外れたようになって、歩いている最中に「ガクン」となり、軽い捻挫のようになるのがクセになっていましたが、当時は骨格全体を診てくれる病院や、構造医学という考え方が無かったため、親に訴えても「気のせい」「ちょっと休んだら」と言われるだけでした。

でもこういうのも、実は骨格が影響しているんですね。

偏頭痛や足腰の痛み、集中力の無さなども、骨格が影響しているそうです。

私は加奈子先生と出会って、初めて「真のドクター」と出会えた、と思いました。

加奈子先生は、私の小さい時からの悩みや痛みを、全て分かってくれました。

今は加奈子先生のクリニックに、時々メンテナンスに通っていますが、怠いとか、むくむとか、頭が痛いとか、一見骨格に関係無さそうなことでも、加奈子先生が信頼できるので、とりあえず一言、今の状況を話すと、納得できる答えをくださいます。

「内科」「外科」「整形外科」ということではなく、身体全体を預けられる加奈子先生は「真のドクター」だと思います。

加奈子先生は治療の技術が優れているだけではなく、ちょっぴり人見知りで、一見ぶっきらぼうだけど(加奈子先生、ごめんなさい<(_ _)>) 心がとてもあたたかい先生です。

いつも患者の痛みを無くすのに、必死です。


「この腰と膝の痛みさえ無くなれば、なんでもできる!」と思っていたあの頃。

まさに今、なんだってできます!!

歩けるようになり、痛みや辛さが無くなったお陰で、頭がクリアになりました。

やりたいことに思いっきり集中できます!

だから、たくさんの方々を、色の力で、もっともっと、幸せにして行きたいのです。

私にはそれができる、だから加奈子先生と出逢えて、健康な身体になれたんだ!と信じています。



加奈子先生、いつもどうもありがとうございます!

そしてこれからも、どうぞ宜しくお願い致します!


 

感性を腐らせない!

投稿日時:2017/05/12(金) 13:47

起業家が成功するための、カラーイメージ戦略研修講師をしている、カラーコミュニケーターの目黒潤です。

GW前からなんとなく体調がすぐれず、歯茎も腫れたりして、気分も凹んでいたのですが、今日やっと回復しました!

昨日は満月だったようで、お願いごとをされる方が多かったようですが、私はどうも、満月になると、体調を崩したり、悲しい気分になったりします…狼の血が流れているのでしょうか?(笑)

201705121405_1-600x0.jpg

今日は表参道の超有名レストラン「アニヴェルセル」でランチミーティングをしました!

良いお天気の中、街路樹の綺麗な緑を眺めながら、信頼できる仲間達と食事するって、とても幸せだなーと感じました!

体調が悪かっただけに、強く実感。。。


私はお客様の深層心理やライフスタイルも大切にしたカラーイメージ戦略を立案しているので、いつもクリアな気持ち・ニュートラルな自分でいたいと、心がけています!

あと、自分の感性で商売をさせていただいているので、いつも何かを生み出したり、創り出して行かないと、感性が腐ってしまうと感じています!

こういう気の良い場所に出向き、信頼できる仲間と話すことは、良い仕事をして、お客様に幸せになっていただくうえでも、大事ですね!

 

ブラック企業からこんにちは

投稿日時:2017/05/08(月) 15:50

起業家が成功するための、カラーイメージ戦略研修講師をしている、カラーコミュニケーターの目黒潤です。

まぁひとつ、私が財産だなと思えるのは、ブラック企業と一部上場企業の両方に、勤めた経験があることです。

ブラック企業は新卒で入社しましたので(就職活動、しくじりました(-_-;))ウブだった私は、洗脳されまくりでした。

まず、挨拶が、軍隊過ぎて、何て言っているのか、さっぱり分からんのです。

「っざっす!」って男性社員が叫びまくってて、最初は何のことか分からなかったんですけど「おはようございます!」と「お願いします!」の共通の言葉でした。

そんでもって、上司の話を聞く時は、必ず起立して、腕を後ろに組んで聞くように言われていました。

そういう姿勢で上司に怒られている最中に、だんだん悲しみと悔しさに耐えられなくなって来て、立っていられなくなって、しゃがみ込んでオイオイ泣いたこともありました(さすがに上司は慌てておりました(笑))

それから、同じ状況で、怒っている上司がどんどんヒートアップして行って、ゴミ箱を蹴飛ばし、私の脛に当たったこともありました。

「ってめぇ」とか「きさま」って呼ばれることもザラでした。

そんな会社に8年間いたので、一部上場企業に転職した時は、お花畑かと思いました

まず、面接の時点で、面接官が紳士!とても優しかったです。

そして、女性社員が偉いおじさんと、冗談言いながら楽しそうに喋ってる!

暴力振るったり、怒り狂っている人がいない!

レベルの低い感動ですが、私にとっては天国で、これがほんとのOL生活だなぁ~と思っておりました。


ブラック企業にいた頃は、たった10分間の電車の遅延ですら、堂々と遅刻できるということで、大喜びしていたぐらい、会社に行くのが嫌でしたが、それも今は良い思い出で、むしろ「財産」だと思えます。

そういう経験があったからこそ、人前で腹を据えて喋れるようになったし、どんな場面でも、とにかく頼れるのは自分だけ、自分でなんとかするんだ、という度胸も付きました。

そして何より、ブラック企業にいた頃の、聞く人みんなが「え~!!」とビックリするような経験は、企業研修を始める前に、自己紹介を交えながら話すと、私自身に興味を持ってもらえて、受講者との距離がハイスピードで縮まります(笑)

最初は「ダレ?あのおばちゃん」みたいな顔されていますからね。

そんな顔をしていた新入社員の方が、身を乗り出して、次を催促するように話を聞いてくださると、とっても嬉しいです!

そして濃厚な研修ができるようになります。

今では、そのためにブラック企業にいたんだと思えるくらいです。

201705081617_1-600x0.jpg

人生、無駄な経験は無いと言うけれど、、、それは本当かな?と半信半疑ですが、、、この経験に関しては、本当だな!と思っています。
 
次へ>>

<< 2017年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31