1. HOME
  2. BLOG

BLOG

怒って研修

投稿日時:2017/05/15(月) 20:56

起業家が成功するための、カラーイメージ戦略研修を行っている、カラーコミュニケーターの目黒潤です。

私はどちらかと言うと、怒りをあらわにする方です。

相手は、タクシーの運転手だったり、広告代理店だったり、研修の担当者だったり、様々ですが「自分はこういうことをされたら嫌だ。今回は、●●の理由で怒っている。不快だ」ということをハッキリ言います。

私と真剣に付き合う気の無い一見の方からすると、ただのヒステリーなめんどうくさい中年女性になっていると思いますが、真剣に付き合おうとしてくださる方は、ちゃんと話し合ってくださって、必要に応じて、謝ってくださいます。


まぁそんな私ですが、研修の受講者には「北風と太陽」の「太陽」の姿勢で接して来ました。

研修中に、受講者が「うぇ~ん!」とか「うっ…」と泣き出したことは何度もありますが、それは私が怒ったからではなく…いっぱいいっぱいになって、泣き出さずにはいられなかった、涙がこぼれた…そんな感じです(本当です)。

それなのに!!

最近「怒ってください」という人事担当者からのオファーが多いのです!!

しかも「声を荒げてください」という具体的なご要望もいただきます!!

大きな企業から中小企業の方まで、業種もバラバラなのですが、なぜか重なる「怒ってオファー」!

「色の力でたくさんの方々を幸せにする」ことを信念にしている私にとって、この「怒ってオファー」は、今までの研修のやり方を覆すほどの違和感があり、最初は戸惑いました。

だったらこの案件は、講師は私じゃなくても良いんじゃないかな?

「色」ともあんまり関係が無いし…と、悩みました。

でも、引き受けちゃったので(^_^;) 私にできること、私しかできないこと…を、ずっと考え続けておりました。

1ヶ月くらい、ずーっと考えておりました。

そうしたらやっと答えが出ました!

 
201705152132_1-600x0.jpg
 
受講者への私の愛は「色の力」をもって、最大限に伝わります。

「怒る」ことは体力が要り、愛情が無いとできませんよね。

だからここでも「色の力」を借りて、受講者に、私の愛や上司の方々の愛を伝え、そして必要があれば怒ろうと、怒る具体的なシーンもシミュレーションもできました!

私はいつも、何度も何度もシミュレーションをしてから、研修に臨みます!

ちなみに「声を荒げてください」というご要望ですが、私はとても声が通る方で、100名規模の研修でも、マイク無しでOKなくらいなので、声を荒げると、間近で太鼓を鳴らしたような騒音になると思うんですよね(-_-;)


まぁそれはそれとして。


愛をもって制する。
心が無いきれいごとはすぐにボロが出るので、ボロが出ないように、受講者を愛する覚悟ができました♡
腹が決まりました♡


 

<< 2017年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31